黒い乳首をピンクにするのは無理?本当の原因と正しい治し方

乳首が黒い女性 黒ずみ対策

乳首の黒さを気にしている女性の多くは、「遊び人じゃないのに…」「私はどうしてピンクじゃないの?」と不安になっているかもしれません。

男性との情報共有ができていない、または男性側の理想の大きさが正しい情報のように広がってしまっている今、私達は本当に正しい乳首の黒ずみの原因と治し方を知っていかなければなりません。

黒い乳首になる原因

女性の乳首が黒くなるのは、生理的原因物理的な原因があります。

それぞれどのような原因があるのかみていきましょう。

生理的原因

心臓

ホルモンバランスによるもの

女性ホルモンは、女性らしい体のラインや機能を左右する大切なものです。

エストロゲンやプロゲステロンは、生理がくると分泌量は一定に保たれ維持されます。

しかし、思春期に生理が始まったばかりの頃や、妊娠中、生理が終わっていく頃の更年期の時期には、ホルモンのバランスが乱れがちになります。

こういったときにエストロゲンなどは肌のメラトニン(メラニンを作る場所)を刺激してしまうことが分かっています。

そのため乳首が黒くなることがあるのです。

妊娠中は一説によると、まだ視界の開けない乳飲み子が探しやすいように乳首は黒くなるともいわれています。

ターンオーバーの乱れによるもの

私たちのようなアジア人(黄色人種)の肌の色は、もともとメラニンが作られやすい人種です。

多くの人が乳首の色を気にしていますが、実はさほど特別黒いわけではないことが多くあります。

私達の肌は気が付かない間に、毎日少しずつ肌をリニューアルしています。いわゆる代謝(ターンオーバー)によるものです。

代謝が悪くなってしまうと、このターンオーバーが正常に働かなくなってしまいます。

古い肌は角質となってくすみ、乳首が黒く見えてしまうのです。

乾燥によるもの

女性なら「乳首に痒みがある」といった経験がある方は多いのではないでしょうか。

一時的なものの場合もありますが、この痒みの多くは乾燥していることが原因です。

力まかせに掻いてしまったりして痕が残り、黒く見えてしまうことがあります。

年齢によるもの

乳首の黒ずみに限らず、体のあらゆる部分に発生する黒ずみはメラニンが原因によっておこるものがほとんどです。

年齢を重ね、肌のターンオーバーが正常に働きにくくなってくると「シミ」と同様に色が濃くなってくるケースも多いです。

物理的原因

下着

摩擦

毎日着用するブラが自分に合ったサイズ出ない場合や、素材が合わない場合には乳首の先端がこすられて刺激を受けます。

メラニンは刺激を受けるほど活発化しますので、黒く見えてしまう現象がみられます。

乳首の黒ずみの治し方

乳首をピンクにする

黒い乳首を治すためには、これらの生理的原因と物理的原因に対する対策が必要です。
具体的にどのような方法があるのかお教えしましょう。

メラニンに効果のある化粧品を使う

毎日生み出されるメラニンには、毎日ケアできるメラニン生成を抑える化粧品や医薬品が効果に期待できます。

顔の肌と同じように、乳首専用のクリームや乳液などが発売されていて、美白成分や保湿成分を配合しているものが多いです。

毎日ケアすることで黒ずみを緩和できるかもしれません。

美白成分にはビタミンCやアルブチン、ハイドロキシンなどがあります。

ターンオーバーを促す

ターンオーバーを促すことができれば、乳首の黒ずみ解消にも効果が期待できます。

まずは肌の再生には欠かせない睡眠時間を、十分確保することが大切です。

また、栄養豊富な食事を心がけ適度な運動も取り入れていきましょう。

ストレス解消・刺激物排除

精神的なストレスは、メラノサイトの活動を活発にしてしまいます。

また、肌の白さを保つのに欠かせないビタミン類を破壊する喫煙もよくありません。

毎日のストレスを解消する方法を見つけ、毎日取り除いていく努力もしてみましょう。

保湿する

ターンオーバーが上手に働かないと、角質が層になってしまい固く黒く変化します。

保湿成分の入った乳首専用クリームなどでケアし、乳首を柔らかく保つことを心がけましょう。

体を洗う際には力まかせにこすらず、優しく洗うことを忘れずに。

毎日のケアでピンク乳首を目指しましょう

喜ぶ女性

デリケートな部分である乳首の黒ずみは、温泉へ行ったりした際に他の人と色や形を比べがちです。

基本的に色や形には個人差があり、漆黒の乳首でない限りは気にしすぎることもありません。

気にしすぎることが逆にストレスになってしまいます。

毎日できるケアを丁寧に行って、少しでも理想のピンク色に仕上げていきたいものです。