お尻の黒ずみの原因は?知らなきゃ損する7つの治し方と対策方法

女性のお尻 黒ずみ対策

お尻の黒ずみの原因が何かをご存知ですか?

普段は露出する場所ではないかもしれませんが、水着を着用したり、水泳に通いはじめたりする場合に気になり始める方もいるでしょう。

美意識の高い女性はいつも自分の後ろ姿にまで気を配るといわれています。
お尻の黒ずみの原因を知って、適切な治し方で素敵なヒップを目指していきましょう。

お尻の黒ずみの原因は大きく分けて2つ

お尻の黒ずみの原因には、「女性ホルモンによるもの」と「後天的なもの」の2つがあります。
それぞれ、どのようなものなのか詳しくみていきましょう。

女性ホルモンによる黒ずみ

心臓

女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌量が多い人は、お尻の黒ずみ、乳首、陰部などが黒ずみやすいといわれています。

これはエストロゲンなどのホルモンがメラニンを作るメラノサイトを刺激することから起こる現象です。

思春期や妊娠時期、産後の授乳期などに多くみられ気にしてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかしホルモンの影響で黒ずみが確認されている場合には、いくら治す方法を試してもホルモンが分泌され続けているので回復するのは難しいかもしれません。

ただし諦めてはいけません。改善の方向へ導くケア方法はあるのです。

後天的なものによる黒ずみ

下着

後天的とは、女性ホルモンのように避けられない原因ではなく、「改善すれば治すことができる日々のもの」という原因です。

長時間のデスクワークによるもの

女性の中にはデスクワークを仕事にしている方も多いでしょう。

常に椅子と接触しているお尻部分は、血行不良になっていてうっ血気味になることもあります。

毎日繰り返されることで、お尻の血行不良が起こり黒ずんでしまうこともあるのです。

サイズが合わない下着の着用によるもの

自分のサイズに合った下着を着用しないと、座骨上や骨盤・足のつけ根など下着のラインに沿った部分が黒ずむことがあります。

履きなれているといった理由で、サイズの合わない下着を履いている方は意外に多いです。

黒ずみを気にしている方なら今一度サイズの見直しが必要なこともあります。

肌に刺激があるもの

サイズの合わない下着もよくありませんが、下着の素材が肌に合わないケースもあります。
安くて丈夫なナイロンの下着は人気があります。

デザインも豊富でついつい手を伸ばしがちですが、あせもや痒みなどの原因になることも多いです。

また、痒みに耐えられずに掻いてしまうと傷痕やくすみになってしまい黒ずみの原因になることも多くなります。

どちらも原因はメラニンによるもの

ホルモンによる黒ずみと後天的な原因による黒ずみは、いずれもメラニンによるものです。ホルモンが過剰に分泌している間は、完全な解決方法はないといってもいいでしょう。

しかし、原因を排除していけば「後天的な原因」は、解決しやすいケースがほとんどです。
お尻の黒ずみの改善が期待できる方法には、次のようなものがあります。

お尻の黒ずみの治し方

OKサインの女性

お尻の黒ずみを治したくても、レーザー治療は高そうで手が出せないという方もいます。

今日から自宅で実践できるお尻の黒ずみの治し方をみていきましょう。

体型にあった下着サイズを選ぶこと

自分の体型にあった下着を着用しないと、しめつけられることが刺激になってしまい、痒みを感じてしまう人もいます。

体重の増減があった人はもちろんですが、加齢によって体型に変化がある人でも注意が必要です。

現在ではゴムなし、縫い目なしといった下着も登場していますので、体にストレスフリーな下着を選んでいきましょう。

下着の素材を見直す

下着は通気性や保湿性に優れた素材を使用するようにしましょう。
天然素材ならさらに優しく、履き心地も最高です。

おすすめは低刺激で肌にやさしいシルクや、ガーゼ・コットンといったものがあります。

通気性が悪いと雑菌が繁殖しやすい場所も含まれるため、においや痒みの原因になることもあります。

また、肌の中でもお尻は柔らかく乾燥に弱い場所でもあります。
保湿性のある下着を着用して、うるおいも忘れずにお尻をケアしましょう。

同じ丈の下着は履かない

同じ形や深さのパンツをヘビロテしてしまうと、お尻にも負担がかかりすぎて黒ずむ場合があります。

ボクサーショーツやボックスショーツ、超立体ショーツや一分丈のものなどを組み合わせて黒ずみ対策をしていきましょう。

肌に作用するものを利用する

例えば肌に柔らかさを与える尿素入りのお尻ケア専用クリームや、メラニンに作用する美白成分入りジェルなどの効果を狙ってみましょう。

毎日の入浴後にケアするだけで、黒ずみの悩みにも効果が期待できるものが発売されています。

デリケート部分の商品のため、ドラッグストアにはお尻の黒ずみ専用商品はあまり見られません。
ネット販売でランキングや口コミのいいものをチョイスしてみましょう。

ターンオーバーを促す

肌のメラニンは、私達の皮膚のターンオーバー(生まれ変わりの周期)によって改善されていきます。

体の代謝機能が衰えてきたたり、肌が乾燥し固くなってしまったりすると、上手にターンオーバーができず黒ずみが消えないことも。

入浴時にも使用できるボディスクラブはドラッグストアにもあります。
使用頻度を守らないと、逆に刺激になることもありますので注意は必要です。

痩せすぎに注意する

お尻の黒ずみは、痩せている女性にもみられます。黒ずみは、脂肪の少ない部分にできやすいです。

骨が接触する部分の皮膚が常に刺激を受けてしまうためです。床ずれと同じ現象が起きてしまうのです。

全体的に肉をつけるよりも、メリハリボディを目指して適度なお尻の筋力アップ体操なども取り入れてみてください。

同じ姿勢のままで仕事を続行しない

デスクワークなどで座りっぱなしの方は、椅子にクッションを敷いたり、時々立って休憩を入れたりするなど「お尻のつぶれ」にも気をつけていきましょう。

お尻の黒ずみは少しの気配りで改善できる!

喜ぶ女性

お尻の黒ずみは、下着のサイズや素材、形などを意識するほか、肌ケアを中心としたもので多くが改善できるようです。

毎日の積み重ねでできてしまった黒ずみは、毎日のケアでコツコツ治すことが必要です。

できるだけ最短距離で黒ずみが解消できるように対策していきましょう。